トップページ > 必見!査定UP術

必見!査定UP術

買った時と同じ状態に近づけておきましょう

完全未使用品である場合、買った時のままの状態を保つことが大切です。
ブランド品の場合保護用のビニールやカバーをはがしてしまったり、腕時計であればベルトの調整をしてしまったりしただけでも査定が変わってしまいます。
電化製品類であれば、箱から商品・付属品を出してしまっただけで、査定が変わってしまいます。
中古品である場合、表面の汚れや、バッグの中のタバコのカスやゴミ等は取り除いておきましょう。
少しでも「きれいだな」と思わせることで査定UPにつながることも!


取扱説明書・保証書・付属品等があると有利!

全てのお品物について言えることですが、取扱説明書・保証書・付属品等の有無では、大きく査定が変わってしまうことがあります。可能な限り、そろえておきましょう。
特に重要なものを下記に記しておきます。

腕時計類
箱、保証書、説明書、ネームタグ等が大切になります。
そして最も大切なものが、サイズ調整した際に外してある余ったベルトのコマです。
コマを無くしてしまうと、メーカーや機種により1コマ数万円も査定に影響することもあるので、大切に保管しておきましょう。
ジュエリー類
宝石協会等が発行している鑑定書等が大切になる場合があります。
特にダイヤモンドの場合、その石のグレード付鑑定書が大切になることがあります。
また、カルティエ・ブルガリ等のブランドジュエリーの場合には、専用の箱・保証書等が大切になります。
バック類
(ブランド品各種)
専用の鍵・ストラップ・袋や箱・タグ類があると査定upにつながります。
腕時計と同様、買った時についていた附属品が大切になります。
電化製品類
やはり付属品が大切になります。
ACアダプターや電源コード、リモコンや充電器等です。
特にパソコンは、リカバリー等のソフトの有無で大きく査定が変わってきます。
新品(未開封)の場合、保証書も重要となります。

可能であれば修理しておきましょう

壊れているものは、修理代を差し引いての査定となったり、場合によっては査定出来ないこともあるので可能であれば直しておきましょう。
ただし、金・プラチナ製品に限り重さでの計算(査定)となりますので、壊れたり切れたりした状態でも大丈夫です。


最新モデルは有利な査定!

最新モデルのブランド品や電化製品類は、新しいものほど高額査定になりますので、3ヶ月間の期間を取る質預りよりも買取りの方が有利ですし、もう必要でないと感じたら、早めに処分されることをおすすめします。


そのお店の常連になろう!

色々お品物を売って頂けることで、「何度も利用頂いているので、今回は少しでも高価買取しよう!」なんてことも・・・・
質預りの場合でも何度もお品物を出し入れすることで、「このお客様は、ちゃんと返済して頂けるんだな」と信頼度UP!
多少の査定UP等の相談にも乗ってもらえることも!